揮発性有機化合物(VOC)の排出規制

 浮遊粒子状物質「SPM」(suspended particulate matter)や光化学オキシダント(窒素酸化物や炭化水素類の物質が、太陽の紫外線を受けることにより、オゾンやアルデヒドのような二次汚染物質を生成すること)に係る大気汚染の状況はいまだ深刻な状況です。現在でも、SPMによる人の健康への影響が懸念され、光化学オキシダントによる健康被害が数多く届け出されています。

 SPMや光化学オキシダントの原因には様々な物質が関与していますが、揮発性有機化合物「VOC」(volatile organic compouds)もその一つです。VOCとは、揮発性を有し大気中で気体状となる有機化合物の総称で、トルエン・キシレン・酢酸エチルなど多種多様な物質が存在します。

 このため、平成18年4月1日から大気汚染防止法が改正され、VOC排出施設について、その排出口におけるVOC濃度の許容限度が排出基準として定められました。VOC排出事業者はこの排出基準の遵守が義務付けられ、年2回の測定とこの記録を3年間保存することが求められることとなりました。

 VOC排出の規制対象施設としては、塗装・接着・印刷・化学製品製造・工業用洗浄・貯蔵タンク関係の施設が、その排出能力等の規模要件により指定されました。また、測定機器については「水素炎イオン化形分析計」(FID方式)及び「触媒酸化-非分散形赤外線分析計」(NDIR方式)の、炭素数として包括的に測定できる分析計が指定されています。

 当社では、燃焼過程を経たガスを含む排ガス中のVOCも分析できるFID方式の測定機器を導入し、VOC排出規制に関わる測定に取組んでいます。

 

 

 

◯環境計量証明事業 濃度:第640号/音圧レベル:第722号/振動加速度レベル:第821号 ◯建築物飲料水水質検査業:北海道4水第2号 ◯建築物空気環境測定業:北海道4空第2号 ◯作業環境測定機関(粉じん・有機溶剤・特定化学物質・金属):01-34 ◯温泉分析機関登録:北海道第9号

環境調査、大気・水質分析、土壌分析、化学分析、作業環境測定、飲料水分析、室内空気環境測定、アスベスト分析、騒音・振動測定、遮音性能試験、シックハウス調査、クリーンルーム空気清浄度調査、分析機器保守点検、試薬調整販売、環境計測機器販売

〒004-0061
札幌市厚別区厚別西1条1丁目8番10号
TEL: 011-895-6210 FAX: 011-895-6245
IP-Phone: 050-7509-2109